グラフで見るシンガポールの年少人口の割合は高い?低い?

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなボタン
  • LINEで送る
グラフで見るシンガポールの年少人口の割合は高い?低い?
[Ads]
グラフで見るシンガポールの年少人口の割合は高い?低い?のQRコードこのページをスマホで見る
どの統計を見る?
グラフで見るオススメの記事

シンガポールの年少人口の推移と他国との比較

シンガポールの2022年に分かる最新の年少人口や、シンガポールと同じ様な年少人口の国についての比較、過去~現在までの推移を、グラフや表を用いて分かりやすく説明していきます。

2022年に分かる最新のシンガポールの年少人口と割合

シンガポールの2022年に分かる最新の年少人口は676,962人で、総人口に対する割合は12.41%です。
※年少人口とは0歳~14歳までの人口のことです。

シンガポールの最新の年少人口と総人口に対する割合
総人口割合年少人口
5,453,566人12.41%676,962人

※Source:worldbank.org 詳細
2021年のworldbank.org調査による算出が最新のデータ(2022年9月24日更新)。

また、生産年齢人口や高齢者人口はこちらから確認できます。

シンガポールの年少人口の増減推移グラフ(1960年~現在)

では、現在のシンガポールの年少人口の「676,962人」は、過去と比べて増えてきているのでしょうか?

シンガポールの年少人口の1960~2021年までの推移をグラフに表してみます。

推移が見えるアニメーショングラフ

※こちらは、1960~2021年までの推移を年ごとに動くグラフとして作成したものです。総人口とも比較可能です。

別の統計と比較を選択すると、270以上のシンガポールの統計と年少人口とを比較することができるので、是非ご活用下さい。

シンガポールの年少人口の世界順位の変遷(全履歴)

下記のバーチャートレースは、シンガポールの年少人口の世界順位の変遷です。

過去の1960年から2021年までのシンガポールの世界ランキングの全履歴を、バーチャートレースにてグラフで見える化しました。

※グラフの見方
シンガポールは赤枠で囲まれており、順位が上がる場合はUP矢印、下がる場合はDOWN矢印が右側に表示されます。

シンガポールの年少人口が世界の中で、どの順位になってきたのかが分かるようになっています。

[ads]

グラフ全体図(静止画)

↓こちらは、最初に掲載したシンガポールの年少人口グラフの全体図です。

シンガポールの年少人口推移グラフ(1960~2021年)

※Source:worldbank.org 詳細

※シンガポールの年少人口の推移(1960~2021年)データの無料ダウンロードはこちらから((EXCELでも開けます))↓

※【データ内容】
1行目:年代
2行目:総人口
3行目:割合
4行目:年少人口

シンガポールの年少人口率(割合)の推移

続いて、年少人口の人数ではなく、シンガポールの総人口に対する年少人口の割合「12.41%」がどう変化しているかを、1960~2021年までの推移グラフを用いて見ていきます。

シンガポールの総人口に対する年少人口の割合推移グラフ(1960~2021年)

※Source:worldbank.org 詳細

また、下記は1960~2021年までのシンガポールの年少人口と割合の推移を一覧表にしたものです。

一覧表で見るシンガポールの年少人口と割合の推移(1960~2021年) →横スクロールできます。
19601961196219631964196519661967196819691970197119721973197419751976197719781979198019811982198319841985198619871988198919901991199219931994199519961997199819992000200120022003200420052006200720082009201020112012201320142015201620172018201920202021
総人口(人)1,646,4001,702,4001,750,2001,795,0001,841,6001,886,9001,934,4001,977,6002,012,0002,042,5002,074,5072,112,9002,152,4002,193,0002,229,8002,262,6002,293,3002,325,3002,353,6002,383,5002,413,9452,532,8352,646,4662,681,0612,732,2212,735,9572,733,3732,774,7892,846,1082,930,9013,047,1323,135,0833,230,6983,313,4713,419,0483,524,5063,670,7043,796,0383,927,2133,958,7234,027,8874,138,0124,175,9504,114,8264,166,6644,265,7624,401,3654,588,5994,839,3964,987,5735,076,7325,183,6885,312,4375,399,1625,469,7245,535,0025,607,2835,612,2535,638,6765,703,5695,685,8075,453,566
割合(%)43.2343.9444.344.3144.0643.6342.8141.944139.9438.7837.5936.4535.2934.0832.7831.7230.4629.1427.9727.0426.1225.5225.1324.7424.2823.7823.1422.4621.8821.4621.2221.0420.8820.720.4620.3620.1119.719.2118.7118.518.3118.0417.6717.2316.7416.1715.4814.7213.9913.7513.5113.2312.9112.6312.2912.2112.2812.3312.312.41
年少人口(人)711715748092775334795418811465823235828197829477824873815779804392794297784502773964759818741752727404708326685926666564652748661627675374673626676088664167649891642028639250641244653949665272679596691986707877721238747465763301773685760486753639765729764643742406736049734887737003742115749216734384710431712953717954714145706292699188689093685394692333703336699421676962

上記のシンガポールの年少人口の推移グラフを見てみると、1967年の年少人口が最も多く、統計で分かる最新の2021年はそれよりも少ないことが見えてきます。

さらに、前年度の2020年の数値「699421人」よりも少なくなっているため、今後はさらに年少人口が少なくなる可能性があります。

また、面白いのが、「総人口が増加しているにもかかわらず、年少人口が減少している年」が29回あることです。

逆に、総人口が減少している場合は、必ず年少人口も減少しているという点も、とても興味深い結果となっています。

これらの事より、シンガポールにおいては必ずしも総人口が増加すれば年少人口が増えるというわけではないことが見えてきます。

また、年少人口ではなく出生率の推移であれば、こちらのページで特集していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ グラフで見るシンガポールの出生率は高い?低い?

シンガポールの年少人口は少ない?多い?日本と比較

シンガポールの年少人口は、どれくらい少ない、あるいは多いのでしょうか?

まずは、シンガポールの年少人口を、人口が近い国と比較してみます。

シンガポールと人口数が一番近いフィンランドとスロバキアの年少人口を比較

シンガポールと人口数が世界で最も近いフィンランドスロバキアの年少人口を比較してみます。

シンガポールの労働人口(労働力)を日本とアメリカと中国と比較した棒グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

シンガポールと人口数の近いフィンランドとスロバキアの年少人口を比較した一覧表
国名総人口割合年少人口
フィンランド5,541,696人15.65867,145人
シンガポール5,453,566人12.41676,962人
スロバキア5,447,247人15.59849,141人

上記の年少人口の比較表をみてみると、

という結果となっています。

シンガポールと日本の年少人口を比較

続いて、シンガポールの年少人口を、日本アメリカ中国と比較してみます。

シンガポールの年少人口を日本とアメリカと中国と比較した棒グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

シンガポールの年少人口を日本とアメリカと中国と比較した一覧表
国名総人口割合年少人口
中国1,412,360,000人17.6248,510,399人
アメリカ331,893,745人18.2460,550,749人
日本125,681,593人12.315,457,533人
シンガポール5,453,566人12.41676,962人

上記のグラフより、シンガポールの年少人口は中国・アメリカ・日本よりも少ないということが分かります。

特に、中国と比較すると367.1倍も年少人口が少なくアメリカと比べても89.4倍もの差があることが分かります。

また、逆に日本と比べると22.8倍程しか差がなく、日本とシンガポールの年少人口は比較的近い数値であるということも見えてきます。

シンガポールをもっと他国と比較する

シンガポールのデータを比較するグラフ作成ツールを開発しております。こちらより、比較対象の国を選択してみて下さいませ。

※もし国名が表示されない場合は、2度ほどクリックしてみて下さい。

シンガポールの年少人口は世界で何番目?

世界の年少人口ランキングでシンガポールは何位かについて表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

まずは、人数が多いランキングです。その後に、割合での世界ランキングもお伝えします。

シンガポールは世界の年少人口ランキング(多い順)で138位

シンガポールの年少人口を世界で見たときに何番目に多いのかを世界年少人口ランキング表を用いて、みていきます。

世界の年少人口ランキング表(人数が多い順):シンガポールは138位
順位国名総人口
(人)
割合
(%)
年少人口
(人)
134グルジアの国旗グルジアグルジアのグラフチャート37020.375
135ウルグアイの国旗ウルグアイウルグアイのグラフチャート34820.270
136レソトの国旗レソトレソトのグラフチャート21532.169
137ジャマイカの国旗ジャマイカジャマイカのグラフチャート29723.168
138シンガポールの国旗シンガポールシンガポールのグラフチャート54512.467
139アルメニアの国旗アルメニアアルメニアのグラフチャート29620.861
140クロアチアの国旗クロアチアクロアチアのグラフチャート38914.556
141赤道ギニアの国旗赤道ギニア赤道ギニアのグラフチャート14436.853
142東ティモールの国旗東ティモール東ティモールのグラフチャート13436.649
143プエルトリコの国旗プエルトリコプエルトリコのグラフチャート32614.948

※Source:worldbank.org 詳細

世界年少人口ランキング(人数が多い)をもっと見る

こちらの世界の年少人口が多いランキング表では、統計が取れる192カ国の中で、シンガポールは138位と、世界の中でも年少人口が比較的少ない国ということが分かります。

以下は年少人口の世界ランキングの、1年毎に、どこの国がTOP10に入ってきているかの変化が見られるグラフ(バーチャートレース)です。

年少人口の世界ランキングTOP10

さらに詳しい世界の年少人口が多いランキングは、こちらで全て掲載していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ 全世界の年少人口が多いランキングと過去から現在までの推移グラフ

世界の平均値と中央値とシンガポールの年少人口を比べる

また、この世界年少人口ランキングの平均値、中央値とシンガポールの比較グラフは以下となっています。

シンガポールの年少人口と世界の平均値と中央値との比較グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

シンガポールの年少人口を世界の中央値(1,958,155)と平均値(10,313,397)と比較した一覧表
国名総人口割合年少人口
シンガポール5,453,566人12.41676,962人
平均値--10,313,397人
中央値--1,958,155人

※Source:worldbank.org 詳細

こちらの表より、シンガポールの年少人口は平均より9,636,435人少ないという結果が見えてきます。

また、中央値の1,958,155と比較してみると、シンガポールの年少人口は中央値より半分以上少ないということが分かります。

シンガポールを各国の年少人口率ランキング(割合が高い順)で見てみる

次に、年少人口の人数ではなく、総人口に対する割合(率)でシンガポールは世界何位なのかを各国のランキングで見ていきます。

世界の年少人口率ランキング表(割合が高い):シンガポールは190位
順位国名総人口
(人)
割合
(%)
年少人口
(人)
192大韓民国の国旗大韓民国大韓民国のグラフチャート517412.3634
191日本の国旗日本日本のグラフチャート1256812.31545
190シンガポールの国旗シンガポールシンガポールのグラフチャート54512.467
189イタリアの国旗イタリアイタリアのグラフチャート590612.8755
188ポルトガルの国旗ポルトガルポルトガルのグラフチャート102912.9132
187香港の国旗香港香港のグラフチャート7411396
186ギリシャの国旗ギリシャギリシャのグラフチャート106613.4143
185カタールの国旗カタールカタールのグラフチャート29313.740
184ドイツの国旗ドイツドイツのグラフチャート8312141167
183スペインの国旗スペインスペインのグラフチャート473214.2672

※Source:worldbank.org 詳細

世界年少人口率ランキング(割合が高い)をもっと見る

こちらの各国の年少人口率ランキングを見て頂くと分かるのですが、シンガポールは190位となっています。

先程の、「人数でのランキング」では138位だったのですが、総人口に対する年少人口の「割合が高いランキング」では、190位と、その差は52で、138においては人数と割合の世界ランキングでは少し違いがあるということも、読み取ることができます。

シンガポールの年少人口に関するよくある質問

シンガポールの年少人口の最新の人数は何人ですか?2022年に分かる最新のシンガポールの年少人口は、676,962人です。このデータは、2021年のworldbank.org調査によるもので、単位は人です。詳細を確認する。
シンガポールの年少人口は前年度より何%減少しましたか?前年度(2020年)より、3.21%減少しています。また、前年度の年少人口は699,421.00人です。1960~2021年までの推移グラフを表示。
シンガポールの年少人口が最も多かった年はいつですか?1967年が最も多かった年です。(829,477.00人)
※データが確認できる1960~2021年の期間において
シンガポールの年少人口が最も少なかった年はいつですか?1988年が最も少なかった年です。(639,250.00人)
※データが確認できる1960~2021年の期間において
シンガポールの年少人口は日本と比較すると何倍ですか?シンガポールの年少人口は日本の0.04倍です。グラフを表示する。
シンガポールの年少人口は世界ランキングでは何位ですか?世界138位です。年少人口の世界ランキング表を確認する。
シンガポールの年少人口を世界の平均値と比較すると何倍ですか?世界の平均値の0.07倍です。詳細を確認する。
シンガポールの年少人口は世界の中央値より多いですか?世界の中央値の0.35倍です。
当ページのライセンス情報・データセット
項目内容
名称シンガポールの年少人口データ
更新日時2022-09-24T03:03:16+0900
ライセンスCC BY 4.0
ソース元worldbank.org - orld Bank staff estimates using the World Bank's total population and age/sex distributions of the United Nations Population Division's World Population Prospects: 2019 Revision.

データ・画像の利用・引用・ライセンス(著作権)について

[Ads]

また、シンガポールの統計情報は、こちらのページで257種類以上の全一覧が見られます。
 → シンガポールの統計情報TOPページ

シンガポールの統計情報TOPページ

あなたの統計考察コメント

統計「グラフで見るシンガポールの年少人口の割合は高い?低い?」について、あなたの考察やコメントを残そう!

この統計には、まだコメントがついていません。是非、あなたの考察・コメントを掲載してみて下さい。
[Ads]
各統計の世界ランキングの記事

また、当サイトでは、

から選択できる比較グラフ作成ツールを開発しています。

是非、研究や考察の参考にご活用下さいませ。
 → グラフ作成ツールを使ってみる

↓TWAを活用しPWAのアプリ版をリリースしました。

Google Play で手に入れようGoogle Play で手に入れよう QRコード

QRコードはGoogle Playストアへのリンクです。