グラフで見る横浜市港北区の第1次産業就業者数は多い?少い?(推移グラフと比較)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなボタン
  • LINEで送る
グラフで見る横浜市港北区の第1次産業就業者数は多い?少い?(推移グラフと比較)
[Ads]
グラフで見る横浜市港北区の第1次産業就業者数は多い?少い?(推移グラフと比較)のQRコードこのページをスマホで見る
どの統計を見る?
グラフで見るオススメの記事

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の推移と他の市区町村との比較

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数をグラフや比較表を用いて分かりやすく説明していきます。

第1次産業就業者数とは?[第1次産業就業者数],農業・林業及び漁業の就業者の数

横浜市港北区の第1次産業就業者数はどのくらい?

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数は、788人です。(2015年調査)

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数(2015年)
市区町村名第1次産業就業者数
横浜市港北区788人

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細
2015年の総務省による統計ダッシュボード調査が最新のデータ
(2021年4月9日確認)
2022年の統計データは発表され次第即時反映させて頂きます。

横浜市港北区の第1次産業就業者数推移グラフ(1980年~現在)

では、現在の横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の「788人」は、過去と比べてどう変化してきているのでしょうか?

横浜市港北区の第1次産業就業者数の1980~2015年までの推移をグラフに表してみます。

推移が見えるアニメーショングラフ

※こちらは、1980~2015年までの推移を年ごとに動くグラフとして作成したものです。総人口とも比較可能です。

※横浜市港北区の人口データは、国勢調査・住民基本台帳人口(総数)を元に作成。

グラフ全体図(静止画)

↓こちらは、上記の横浜市港北区の第1次産業就業者数グラフの全体図です。

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の推移グラフ(1980~2015年)

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

※横浜市港北区の第1次産業就業者数の推移(1980~2015年)データの無料ダウンロードはこちらから↓

(EXCELでも開けます)
※【データ内容】
1行目:年代,2行目:第1次産業就業者数

また、下記は1980~2015年までの横浜市港北区の第1次産業就業者数の推移を一覧表にしたものです。
※表が画面幅を越えている場合は横スクロール可能

一覧表で見る横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の推移(1980~2015年)
19801985199019952000200520102015
第1次産業就業者数(人)2,307.002,069.001,816.001,234.00967.001,012.00814.00788.00
前回比(差引値)--238-253-582-26745-198-26
前回比(%)-89.6887.7767.9578.36104.6580.4396.81

上記の横浜市港北区の第1次産業就業者数の推移グラフを見てみると、最新である2015年の第1次産業就業者数が最も少いことが分かります。

また、前回の2010年よりも26人少なくなっており、第1次産業就業者数は下がりつつあると言えます。

特に、最も第1次産業就業者数が多かった1980年と現在の第1次産業就業者数を比べると、2.93倍もの差があり、第1次産業就業者数がいかに減少したかが見えてきます。

また、第1次産業就業者数ではなく非労働力人口(女)であれば、こちらのページで特集していますので考察の参考にしてみて下さいませ。
→ グラフで見る横浜市港北区の非労働力人口(女)

横浜市港北区の総人口の過去から現在までの推移と比較は、こちらにて特集しています。
→ グラフで見る横浜市港北区(神奈川県)の人口推移
グラフで見る横浜市港北区(神奈川県)の人口推移

横浜市港北区の第1次産業就業者数は少い?多い?人口が近い新宿区(東京都)と所沢市(埼玉県)と比較

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数は、どれくらい少い、あるいは多いのでしょうか?

横浜市港北区(神奈川県)と新宿区(東京都)と所沢市(埼玉県)の第1次産業就業者数を比較

まずは、横浜市港北区と人口が日本全国で最も近い新宿区(東京都)所沢市(埼玉県)の第1次産業就業者数を比較してみます。

北区(東京都)大津市(滋賀県)は、横浜市港北区と3・4番目に人口が近い市区町村です。

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の比較グラフ(2015年:人口数が近い市区町村である新宿区(東京都)と所沢市(埼玉県)と北区(東京都)と大津市(滋賀県)との比較)

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

横浜市港北区(神奈川県)と人口の近い新宿区(東京都)と所沢市(埼玉県)の第1次産業就業者数を比較した一覧表
市区町村名総人口第1次産業就業者数
北区(東京都)353,158人93人
新宿区(東京都)345,231人91人
横浜市港北区(神奈川県)350,985人788人
所沢市(埼玉県)344,216人2,023人
大津市(滋賀県)344,218人1,724人

上記の第1次産業就業者数の比較表をみてみると、

という結果となっています。

特に、横浜市港北区と新宿区(東京都)は人口が日本全体の中でも1・2番目に近いが、第1次産業就業者数には圧倒的な差があるということが比較することにより見えてきます。

横浜市港北区をもっと他の市区町村と比較する

横浜市港北区のデータを比較するグラフ作成ツールを独自開発しております。こちらより、比較対象の市区町村を選択してみて下さいませ。

※もし市区町村名が表示されない場合は、2度ほどクリックしてみて下さい。

神奈川県内では何位?

続いて、横浜市港北区の第1次産業就業者数が、神奈川県内では何番目に多いのかを、ランキング表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

横浜市港北区の第1次産業就業者数は、神奈川県内では11位

下記は、神奈川県内での第1次産業就業者数のランキング表です。(多い順)

神奈川県内での第1次産業就業者数のランキング表:横浜市港北区は11位
順位市区町村名第1次産業就業者数
(人)
1三浦市三浦市グラフ2,461
2小田原市小田原市グラフ2,303
3藤沢市藤沢市グラフ2,059
4平塚市平塚市グラフ1,720
5横須賀市横須賀市グラフ1,692
6秦野市秦野市グラフ1,434
7厚木市厚木市グラフ1,285
8伊勢原市伊勢原市グラフ1,134
9茅ヶ崎市茅ヶ崎市グラフ998
10データ横浜市都筑区グラフ934
11データ横浜市港北区グラフ788
12データ相模原市緑区グラフ783
13海老名市海老名市グラフ727
14データ横浜市泉区グラフ718
15データ横浜市戸塚区グラフ715
16データ川崎市宮前区グラフ688
17データ横浜市青葉区グラフ677
18データ横浜市緑区グラフ619
19データ相模原市南区グラフ610
20データ相模原市中央区グラフ602
21データ川崎市多摩区グラフ586
22南足柄市南足柄市グラフ575
23データ横浜市神奈川区グラフ521
24データ川崎市麻生区グラフ513
25鎌倉市鎌倉市グラフ502
26綾瀬市綾瀬市グラフ489
27高座郡寒川町高座郡寒川町グラフ487
28大和市大和市グラフ486
29データ横浜市旭区グラフ472
30足柄上郡中井町足柄上郡中井町グラフ439
31データ川崎市高津区グラフ418
32データ横浜市金沢区グラフ376
33データ横浜市瀬谷区グラフ375
34足柄下郡湯河原町足柄下郡湯河原町グラフ359
35足柄上郡大井町足柄上郡大井町グラフ356
36座間市座間市グラフ355
37愛甲郡愛川町愛甲郡愛川町グラフ353
37足柄上郡山北町足柄上郡山北町グラフ353
39データ横浜市保土ケ谷区グラフ341
40中郡大磯町中郡大磯町グラフ317
41データ横浜市栄区グラフ301
42データ横浜市港南区グラフ282
43データ川崎市中原区グラフ241
44足柄上郡開成町足柄上郡開成町グラフ209
45中郡二宮町中郡二宮町グラフ205
46データ横浜市鶴見区グラフ198
47三浦郡葉山町三浦郡葉山町グラフ177
48データ横浜市磯子区グラフ174
49足柄上郡松田町足柄上郡松田町グラフ157
50データ横浜市南区グラフ135
51逗子市逗子市グラフ119
52足柄下郡真鶴町足柄下郡真鶴町グラフ101
53データ横浜市中区グラフ95
54データ川崎市川崎区グラフ88
55データ川崎市幸区グラフ86
56足柄下郡箱根町足柄下郡箱根町グラフ72
57愛甲郡清川村愛甲郡清川村グラフ68
58データ横浜市西区グラフ40

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

神奈川県内でのシェア率(割合)

さらに、上記のランキング表を元に、横浜市港北区の第1次産業就業者数が、神奈川県内でどれだけのシェア率を占めているのか、割合を示したグラフを以下に作成しました。

横浜市港北区の第1次産業就業者数が、神奈川県内でどれだけのシェア率を占めているのか、割合を示した円グラフ(横浜市港北区は%)

神奈川県内全体の第1次産業就業者数の合計は、34368人です。※データが確認できる58自治体の合計となります。

そして、横浜市港北区の第1次産業就業者数は788人ですので、神奈川県内でのシェア率は2.293%となります。

神奈川県内の第1次産業就業者数の平均値と中央値

また、神奈川県内での第1次産業就業者数の平均値と、中央値についても調査し、横浜市港北区と比較したグラフを以下に作成いたしました。

横浜市港北区の第1次産業就業者数と、神奈川県内の平均値と中央値との比較グラフ (単位:人)

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

横浜市港北区の第1次産業就業者数と神奈川県内の中央値と平均値を比較した一覧表
名称第1次産業就業者数
横浜市港北区788人
平均値592.55人
中央値428.5人

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

こちらの比較表より、横浜市港北区の第1次産業就業者数は、

ということが見えてきます。

横浜市港北区の第1次産業就業者数は日本全国で何番目?

日本全国の第1次産業就業者数ランキングで横浜市港北区は何位かについて表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

横浜市港北区は日本全国の第1次産業就業者数ランキング(多い順)で862位

まずは、横浜市港北区の第1次産業就業者数を日本全国(市区町村別)で見たときに何番目に多いのかを日本全国の第1次産業就業者数ランキング表を用いて、みていきます。

日本全国(市区町村別)の第1次産業就業者数ランキング表:横浜市港北区は862位
順位市区町村名第1次産業就業者数
(人)
858芳賀郡市貝町芳賀郡市貝町グラフ791
859データ北佐久郡御代田町グラフ790
859データ渡島総合振興局鹿部町グラフ790
861伊東市伊東市グラフ789
862データ横浜市港北区グラフ788
863小矢部市小矢部市グラフ787
863上北郡六ヶ所村上北郡六ヶ所村グラフ787
865隠岐郡隠岐の島町隠岐郡隠岐の島町グラフ786
866丹生郡越前町丹生郡越前町グラフ785
867小牧市小牧市グラフ784

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

日本全国(市区町村別)の第1次産業就業者数ランキングをもっと見る

こちらの日本全国の第1次産業就業者数が多いランキング表では、統計が取れる1894つの市区町村の中で、横浜市港北区は862位と、日本全国(市区町村)の中でも第1次産業就業者数が比較的多い市区町村ということが分かります。

以下は第1次産業就業者数の日本全国ランキングの、1年毎に、どこがTOP10に入ってきているかの変化が見られるグラフ(バーチャートレース)です。

第1次産業就業者数の日本全国ランキングTOP10

さらに詳しい日本全国(市区町村別)の第1次産業就業者数が多いランキングは、こちらで全て掲載していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ 日本全国(市区町村別)の第1次産業就業者数が多いランキングと過去から現在までの推移グラフ日本全国(市区町村別)の第1次産業就業者数が多いランキングと過去から現在までの推移グラフ

日本全国の平均値・中央値と横浜市港北区の第1次産業就業者数を比べる

また、この日本全国(市区町村別)第1次産業就業者数ランキングの平均値、中央値と横浜市港北区の比較グラフは以下となっています。

横浜市港北区の第1次産業就業者数と、日本全国(市区町村)の平均値と中央値との比較グラフ(単位:人)

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

横浜市港北区の第1次産業就業者数を日本全国(市区町村)の中央値(701)と平均値(1,173)と比較した一覧表
市区町村名第1次産業就業者数
横浜市港北区788人
平均値1,173人
中央値701人

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

こちらの表より、横浜市港北区の第1次産業就業者数は平均より385人少いという結果が見えてきます。

また、中央値の701と比較してみると、横浜市港北区の第1次産業就業者数「788人」は中央値より第1次産業就業者数が少し多い(1.12倍)ということが分かります。

当ページのライセンス情報・データセット
項目内容
名称横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数データ
単位(人)
期間1980~2015年
更新日時2021-04-09T12:53:23+0900
ライセンスCC BY 4.0
ソース元総務省による統計ダッシュボード - 統計ダッシュボード(https://dashboard.e-stat.go.jp/)とは、総務省による国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフで提供しているサービスです。また、このサービスは、統計ダッシュボードのAPI機能を使用していますが、サービスの内容は国によって保証されたものではありません。

データ・画像の利用・引用・ライセンス(著作権)について

地図で見る第1次産業就業者数の推移(市区町村別)も要チェック!

新しく、マップ上で統計を可視化した地図で見る統計シリーズを公開しました。

第1次産業就業者数にも対応しており、日本国内の2450件以上の統計データを地図上で見られるようにしています。

特に、過去から現在までの第1次産業就業者数の推移を可視化した部分は必見です。

地図で見る第1次産業就業者数の推移(市区町村別の日本全国階級区分図)
地図で見る第1次産業就業者数の推移(市区町村別の日本全国階級区分図)

また、横浜市港北区(神奈川県)の統計情報は、こちらのページで全一覧と全国ランキング順位(市区町村別)が見られます。

横浜市港北区の統計データ一覧・日本全国ランキング順位も掲載!

あなたの統計考察コメント

統計「グラフで見る横浜市港北区の第1次産業就業者数は多い?少い?(推移グラフと比較)」について、あなたの考察やコメントを残そう!

この統計には、まだコメントがついていません。是非、あなたの考察・コメントを掲載してみて下さい。
[Ads]
各統計の世界ランキングの記事

また、当サイトでは、

から選択できる比較グラフ作成ツールを開発しています。

是非、研究や考察の参考にご活用下さいませ。
 → グラフ作成ツールを使ってみる

↓TWAを活用しPWAのアプリ版をリリースしました。

Google Play で手に入れようGoogle Play で手に入れよう QRコード

QRコードはGoogle Playストアへのリンクです。

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数に関するよくある質問

横浜市港北区(神奈川県)の第1次産業就業者数の最新のデータはいくつですか?2022年に分かる最新の横浜市港北区の第1次産業就業者数は、788人です。このデータは、2015年の総務省による統計ダッシュボード調査によるもので、単位は人です。詳細を確認する。
横浜市港北区の第1次産業就業者数は前回より何%減少しましたか?前回(2010年)より、3.19%減少しています。また、前回の第1次産業就業者数は814.00人です。1980~2015年までの推移グラフを表示。
横浜市港北区の第1次産業就業者数が最も多かった年はいつですか?1980年が最も多かった年です。(2,307.00人)
※データが確認できる1980~2015年の期間において
横浜市港北区の第1次産業就業者数が最も少かった年はいつですか?2015年が最も少い年です。(788.00人)
※データが確認できる1980~2015年の期間において
横浜市港北区の第1次産業就業者数は日本全国(市区町村別)ランキングでは何位ですか?日本全国(市区町村別)で862位です。第1次産業就業者数の日本全国(市区町村別)ランキング表を確認する。
横浜市港北区と第1次産業就業者数が似ている市区町村はどこですか?伊東市の789人、小矢部市の787人がとても近い市区町村として挙げられます。
横浜市港北区の第1次産業就業者数を日本全国(市区町村)の平均値と比較すると何倍ですか?日本全国平均より0.67倍少いです。詳細を確認する。
横浜市港北区の第1次産業就業者数は日本全国(市区町村)の中央値より多いですか?日本全国(市区町村)の中央値より1.12倍多いです。