フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合(推移と比較グラフ)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなボタン
  • LINEで送る
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合(推移と比較グラフ)
[Ads]
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合(推移と比較グラフ)のQRコードこのページをスマホで見る
どの統計を見る?
グラフで見るオススメの記事

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の推移と他国との比較

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合をグラフや比較表を用いて分かりやすく説明していきます。

サービス産業(第3次産業)の雇用割合とは?雇用とは、基準期間中に仕事をしていたかどうかに関わらず、仕事を一時的に休んだために仕事をしていたかどうか、または労働時間の調整のために仕事をしていなかったかどうかに関わらず、商品を生産したり、給与や利益のためにサービスを提供する活動に従事していた労働年齢の人と定義されます。サービス産業は、部門6-9(ISIC 2)またはカテゴリG-Q(ISIC 3)またはカテゴリG-U(ISIC 4)に準拠して、卸売・小売業、レストラン、ホテル、輸送、保管、通信、金融、保険、不動産、ビジネスサービス、およびコミュニティ、社会、および個人サービスで構成されています。ここでの統計データでは、総雇用に占めるサービス産業(第3次産業)の割合を示しています。

2024年に分かる最新のフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合

フィンランドの最新のサービス産業(第3次産業)の雇用割合は、74.84%です。

フィンランドの最新(2022年)のサービス産業(第3次産業)の雇用割合
国名サービス産業(第3次産業)の雇用割合
フィンランド74.84%

※Source:worldbank.org 詳細
2022年のworldbank.org調査が最新のデータ
(2024年6月20日確認)
2023年・2024年の統計データは発表され次第即時反映

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合推移グラフ(1991年~現在)

では、現在のフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の「74.84%」は、過去と比べてどう変化してきているのでしょうか?

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の1991~2022年までの推移をグラフに表してみます。

推移が見えるアニメーショングラフ

※こちらは、1991~2022年までの推移を年ごとに動くグラフとして作成したものです。総人口とも比較可能です。

別の統計と比較を選択すると、270以上のフィンランドの統計とサービス産業(第3次産業)の雇用割合とを比較することができるので、是非ご活用下さい。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の世界順位の変遷(全履歴)

下記のバーチャートレースは、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の世界順位の変遷です。

過去の1991年から2022年までのフィンランドの世界ランキングの全履歴を、バーチャートレースにてグラフで見える化しました。

※グラフの見方
フィンランドは赤枠で囲まれており、順位が上がる場合はUP矢印、下がる場合はDOWN矢印が右側に表示されます。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合が世界の中で、どの順位になってきたのかが分かるようになっています。

[ads]

グラフ全体図(静止画)

↓こちらは、最初に掲載したフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合グラフの全体図です。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合推移グラフ(1991~2022年)

※Source:worldbank.org 詳細

※フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の推移(1991~2022年)データの無料ダウンロードはこちらから↓

(EXCELでも開けます)
※【データ内容】
1行目:年代,2行目:サービス産業(第3次産業)の雇用割合

また、下記は1991~2022年までのフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の推移を一覧表にしたものです。※横スクロール可能

一覧表で見るフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の推移(1991~2022年) →横スクロールできます。
19911992199319941995199619971998199920002001200220032004200520062007200820092010201120122013201420152016201720182019202020212022
サービス産業(第3次産業)の雇用割合(%)62.2863.4964.3864.9264.6465.0264.8064.6365.8965.8467.0867.3368.0368.9269.3769.6469.7570.3371.4372.2672.7873.0673.0273.8574.0773.9874.0873.9574.5874.4774.4774.84
前回比(差引値)-1.210.890.54-0.270.38-0.22-0.171.26-0.051.240.240.70.890.450.270.110.581.10.830.510.28-0.040.830.22-0.090.1-0.130.63-0.1100.37
前回比(%)-101.95101.4100.8399.58100.5899.6799.73101.9599.92101.89100.36101.04101.32100.65100.39100.16100.84101.56101.16100.71100.3899.95101.14100.399.87100.1499.82100.8599.85100.01100.49

上記のフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の推移グラフを見てみると、最新である2022年のサービス産業(第3次産業)の雇用割合が最も高いことが分かります。

また、前回の2021年よりも0.367671775391%多くなっており、サービス産業(第3次産業)の雇用割合は上昇傾向にあると言えます。

特に、最も低い1991年の「62.27799987793%」と現在のサービス産業(第3次産業)の雇用割合「74.841781775391%」を比べると、1.2倍もの差があり、サービス産業(第3次産業)の雇用割合がいかに上昇したかが見えてきます。

また、サービス産業(第3次産業)の雇用割合ではなくサービス産業:第3次産業における男性の雇用割合であれば、こちらのページで特集していますので考察の参考にしてみて下さいませ。
→ フィンランドのサービス産業:第3次産業における男性の雇用割合

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は低い?高い?日本と比較

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は、どれくらい高い、あるいは低いのでしょうか?

フィンランドと中央アフリカ共和国とレバノンのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を比較

まずは、フィンランドと人口数が世界で最も近い中央アフリカ共和国レバノンのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を比較してみます。

フィンランドと中央アフリカ共和国とレバノンのサービス産業(第3次産業)の雇用割合比較グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

フィンランドと人口数の近い中央アフリカ共和国とレバノンのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を比較した一覧表
国名総人口サービス産業(第3次産業)の雇用割合
中央アフリカ共和国5,579,144人22.89%
フィンランド5,556,106人74.84%
レバノン5,489,739人76.05%

上記のサービス産業(第3次産業)の雇用割合の比較表をみてみると、

という結果となっています。

特に、フィンランドと中央アフリカ共和国は人口数が世界の中でも1・2番目に近いが、サービス産業(第3次産業)の雇用割合には圧倒的な差があるということが比較することにより見えてきます。

フィンランドと日本のサービス産業(第3次産業)の雇用割合を比較

続いて、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を、アメリカ中国日本と比較してみます。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合をアメリカと中国と日本と比較した棒グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合をアメリカと中国と日本と比較した一覧表
国名総人口サービス産業(第3次産業)の雇用割合
中国1,412,175,000人45.28%
アメリカ333,287,557人79.1%
日本125,124,989人73.35%
フィンランド5,556,106人74.84%

上記のグラフより、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は日本よりは高いが、アメリカよりは低いということが分かります。

特に、中国と比較すると1.7倍もサービス産業(第3次産業)の雇用割合が高いということが分かります。

また、日本のサービス産業(第3次産業)の雇用割合と比較するとフィンランドの1倍程であるということも見えてきます。

フィンランドをもっと他国と比較する

フィンランドのデータを比較するグラフ作成ツールを開発しております。こちらより、比較対象の国を選択してみて下さいませ。

※もし国名が表示されない場合は、2度ほどクリックしてみて下さい。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は世界で何番目?

世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキングでフィンランドは何位かについて表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

フィンランドは世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキング(高い順)で33位

まずは、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を世界で見たときに何番目に高いのかを世界サービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキング表を用いて、みていきます。

世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキング表:フィンランドは33位
順位国名サービス産業(第3次産業)の雇用割合
(%)
29アイルランド76.75
30スペイン76.13
31レバノン76.05
32ニューカレドニア75.8
33フィンランド74.84
34ブルネイ・ダルサラーム74.44
35モンテネグロ74.35
36ウルグアイ73.57
37モーリシャス73.39
38日本73.35

※Source:worldbank.org 詳細

世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキングをもっと見る

こちらの世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合が高いランキング表では、統計が取れる185カ国の中で、フィンランドは33位と、上位50カ国以内に入っており、世界の中でもサービス産業(第3次産業)の雇用割合が比較的高い国ということが分かります。

以下はサービス産業(第3次産業)の雇用割合の世界ランキングの、1年毎に、どこの国がTOP10に入ってきているかの変化が見られるグラフ(バーチャートレース)です。

サービス産業(第3次産業)の雇用割合の世界ランキングTOP10

さらに詳しい世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合が高いランキングは、こちらで全て掲載していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ 全世界のサービス産業(第3次産業)の雇用割合が高いランキングと過去から現在までの推移グラフ

世界の平均値・中央値とフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を比べる

また、この世界サービス産業(第3次産業)の雇用割合ランキングの平均値、中央値とフィンランドの比較グラフは以下となっています。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合と世界の平均値と中央値との比較グラフ

※Source:worldbank.org 詳細

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を世界の中央値(60)と平均値(57)と比較した一覧表
国名サービス産業(第3次産業)の雇用割合
フィンランド74.84%
平均値57%
中央値60%

※Source:worldbank.org 詳細

こちらの表より、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は平均より1.3倍高いという結果が見えてきます。

また、中央値の60と比較してみると、フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合「74.841781775391%」は中央値よりサービス産業(第3次産業)の雇用割合が少し高い(1.25倍)ということが分かります。

当ページのライセンス情報・データセット
項目内容
名称フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合データ
単位(%)
期間1991~2022年
更新日時2024-04-02T03:03:44+0900
確認日時2024-06-20T03:03:34+0900
※データに変化がないか確認した最終日時
ライセンスCC BY 4.0
ソース元worldbank.org - International Labour Organization, ILOSTAT database. Data retrieved in June 21, 2020.

データ・画像の利用・引用・ライセンス(著作権)について

[Ads]

また、フィンランドの統計情報は、こちらのページで267種類以上の全一覧が見られます。
 → フィンランドの統計情報TOPページ

フィンランドの統計情報TOPページ

あなたの統計考察コメント

統計「フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合(推移と比較グラフ)」について、あなたの考察やコメントを残そう!

この統計には、まだコメントがついていません。是非、あなたの考察・コメントを掲載してみて下さい。
[Ads]
各統計の世界ランキングの記事

また、当サイトでは、

から選択できる比較グラフ作成ツールを開発しています。

是非、研究や考察の参考にご活用下さいませ。
 → グラフ作成ツールを使ってみる

↓TWAを活用しPWAのアプリ版をリリースしました。

Google Play で手に入れようGoogle Play で手に入れよう QRコード

QRコードはGoogle Playストアへのリンクです。

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合に関するよくある質問

フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合の最新のデータはいくつですか?2024年に分かる最新のフィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は、74.84%です。このデータは、2022年のworldbank.org調査によるもので、単位は%です。詳細を確認する。
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は前回より何%増加しましたか?前回(2021年)より、0.48999999999999%増加しています。また、前回のサービス産業(第3次産業)の雇用割合は74.47%です。1991~2022年までの推移グラフを表示。
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合が最も高かった年はいつですか?2022年が最も高い年です。(74.84%)
※データが確認できる1991~2022年の期間において
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合が最も低かった年はいつですか?1991年が最も低かった年です。(62.28%)
※データが確認できる1991~2022年の期間において
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は日本と比較すると何倍ですか?フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は日本の1.02倍です。グラフを表示する。
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は世界ランキングでは何位ですか?世界33位です。サービス産業(第3次産業)の雇用割合の世界ランキング表を確認する。
フィンランドとサービス産業(第3次産業)の雇用割合が似ている国はどこですか?ニューカレドニアの76%、ブルネイ・ダルサラームの74%がとても近い国として挙げられます。
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合を世界の平均値と比較すると何倍ですか?世界平均より1.3倍高いです。詳細を確認する。
フィンランドのサービス産業(第3次産業)の雇用割合は世界の中央値より高いですか?世界の中央値より1.25倍高いです。