グラフで見る葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は高い?低い?(推移グラフと比較)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなボタン
  • LINEで送る
グラフで見る葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は高い?低い?(推移グラフと比較)
[Ads]
グラフで見る葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は高い?低い?(推移グラフと比較)のQRコードこのページをスマホで見る
どの統計を見る?
グラフで見るオススメの記事

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)の推移と他の市区町村との比較

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)をグラフや比較表を用いて分かりやすく説明していきます。

年少人口に占める割合(0~14歳)とは?[総人口],本邦に常住する人口(当該住居に3か月以上にわたって住んでいるか,又は住むことになっている者)。人口推計は国勢調査による人口を基準人口とし,その後の人口動向を他の人口関連資料から得て,毎月1日現在の人口を算出したもの。 各国のデータについては出典参照。

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)はどのくらい?

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)は、11.47%です。(2020年調査)

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)(2020年)
市区町村名年少人口に占める割合(0~14歳)
葛飾区11.47%

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細
2020年の総務省による統計ダッシュボード調査が最新のデータ
(2022年1月1日確認)
2023年の統計データは発表され次第即時反映させて頂きます。

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)推移グラフ(2005年~現在)

では、現在の葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)の「11.47%」は、過去と比べてどう変化してきているのでしょうか?

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)の2005~2020年までの推移をグラフに表してみます。

推移が見えるアニメーショングラフ

※こちらは、2005~2020年までの推移を年ごとに動くグラフとして作成したものです。総人口とも比較可能です。

※葛飾区の人口データは、国勢調査・住民基本台帳人口(総数)を元に作成。

グラフ全体図(静止画)

↓こちらは、上記の葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)グラフの全体図です。

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

※葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)の推移(2005~2020年)データの無料ダウンロードはこちらから↓

(EXCELでも開けます)
※【データ内容】
1行目:年代,2行目:年少人口に占める割合(0~14歳)

また、下記は2005~2020年までの葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)の推移を一覧表にしたものです。
※表が画面幅を越えている場合は横スクロール可能

一覧表で見る葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)の推移(2005~2020年)
2005201020152020
年少人口に占める割合(0~14歳)(%)12.6012.1011.8011.47
前回比(差引値)--0.5-0.3-0.33
前回比(%)-96.0397.5297.2

上記の葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)の推移グラフを見てみると、最新である2020年の年少人口に占める割合(0~14歳)が最も低いことが分かります。

また、前回の2015年よりも0.33%少なくなっており、年少人口に占める割合(0~14歳)は下がりつつあると言えます。

また、年少人口に占める割合(0~14歳)ではなく高齢者人口(65歳以上)であれば、こちらのページで特集していますので考察の参考にしてみて下さいませ。
→ グラフで見る葛飾区の高齢者人口(65歳以上)

葛飾区の総人口の過去から現在までの推移と比較は、こちらにて特集しています。
→ グラフで見る葛飾区(東京都)の人口推移
グラフで見る葛飾区(東京都)の人口推移

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は低い?高い?人口が近い尼崎市(兵庫県)と金沢市(石川県)と比較

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)は、どれくらい低い、あるいは高いのでしょうか?

葛飾区(東京都)と尼崎市(兵庫県)と金沢市(石川県)の年少人口に占める割合(0~14歳)を比較

まずは、葛飾区と人口が日本全国で最も近い尼崎市(兵庫県)金沢市(石川県)の年少人口に占める割合(0~14歳)を比較してみます。

福山市(広島県)藤沢市(神奈川県)は、葛飾区と3・4番目に人口が近い市区町村です。

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

葛飾区(東京都)と人口の近い尼崎市(兵庫県)と金沢市(石川県)の年少人口に占める割合(0~14歳)を比較した一覧表
市区町村名総人口年少人口に占める割合(0~14歳)
福山市(広島県)466,863人13.38%
尼崎市(兵庫県)462,820人11.58%
葛飾区(東京都)463,691人11.47%
金沢市(石川県)451,018人12.49%
藤沢市(神奈川県)439,416人13.25%

上記の年少人口に占める割合(0~14歳)の比較表をみてみると、

という結果となっています。

葛飾区をもっと他の市区町村と比較する

葛飾区のデータを比較するグラフ作成ツールを独自開発しております。こちらより、比較対象の市区町村を選択してみて下さいませ。

※もし市区町村名が表示されない場合は、2度ほどクリックしてみて下さい。

東京都内では何位?

続いて、葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)が、東京都内では何番目に高いのかを、ランキング表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は、東京都内では37位

下記は、東京都内での年少人口に占める割合(0~14歳)のランキング表です。(高い順)

東京都内での年少人口に占める割合(0~14歳)のランキング表:葛飾区は37位
順位市区町村名年少人口に占める割合(0~14歳)
(%)
1三宅支庁御蔵島村三宅支庁御蔵島村グラフ18.58
2大島支庁利島村大島支庁利島村グラフ15.29
3大島支庁神津島村大島支庁神津島村グラフ14.77
4稲城市稲城市グラフ14.36
5小笠原支庁小笠原村小笠原支庁小笠原村グラフ14.21
6港区港区グラフ13.77
7中央区中央区グラフ13.66
8千代田区千代田区グラフ13.53
9武蔵村山市武蔵村山市グラフ13.41
10西多摩郡日の出町西多摩郡日の出町グラフ13.25
11小平市小平市グラフ13.07
12府中市府中市グラフ12.92
13江東区江東区グラフ12.83
14東大和市東大和市グラフ12.75
15江戸川区江戸川区グラフ12.66
16文京区文京区グラフ12.59
17日野市日野市グラフ12.47
17三鷹市三鷹市グラフ12.47
19八丈支庁青ヶ島村八丈支庁青ヶ島村グラフ12.43
20調布市調布市グラフ12.38
21小金井市小金井市グラフ12.3
22西東京市西東京市グラフ12.23
23昭島市昭島市グラフ12.22
24国分寺市国分寺市グラフ12.19
25町田市町田市グラフ12.16
26あきる野市あきる野市グラフ12.12
27羽村市羽村市グラフ12.07
28東久留米市東久留米市グラフ12.06
29武蔵野市武蔵野市グラフ11.95
30東村山市東村山市グラフ11.91
30立川市立川市グラフ11.91
32練馬区練馬区グラフ11.87
33狛江市狛江市グラフ11.82
34品川区品川区グラフ11.78
35清瀬市清瀬市グラフ11.72
36世田谷区世田谷区グラフ11.62
37葛飾区葛飾区グラフ11.47
38八丈支庁八丈町八丈支庁八丈町グラフ11.39
39荒川区荒川区グラフ11.33
40国立市国立市グラフ11.31
41多摩市多摩市グラフ11.29
42足立区足立区グラフ11.28
43八王子市八王子市グラフ11.2
44大島支庁新島村大島支庁新島村グラフ11.14
45目黒区目黒区グラフ11.1
46西多摩郡瑞穂町西多摩郡瑞穂町グラフ10.91
47大田区大田区グラフ10.81
48板橋区板橋区グラフ10.71
49杉並区杉並区グラフ10.59
50渋谷区渋谷区グラフ10.52
51青梅市青梅市グラフ10.35
52北区北区グラフ10.32
53墨田区墨田区グラフ10.31
54福生市福生市グラフ10.23
55データ大島支庁大島町グラフ10
56三宅支庁三宅村三宅支庁三宅村グラフ9.91
57新宿区新宿区グラフ9.24
58豊島区豊島区グラフ8.95
59中野区中野区グラフ8.92
59台東区台東区グラフ8.92
61西多摩郡奥多摩町西多摩郡奥多摩町グラフ7.1
62西多摩郡檜原村西多摩郡檜原村グラフ6.57

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

東京都内の年少人口に占める割合(0~14歳)の平均値と中央値

また、東京都内での年少人口に占める割合(0~14歳)の平均値と、中央値についても調査し、葛飾区と比較したグラフを以下に作成いたしました。

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)と東京都内の中央値と平均値を比較した一覧表
名称年少人口に占める割合(0~14歳)
葛飾区11.47%
平均値11.76%
中央値11.85%

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

こちらの比較表より、葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は、

ということが見えてきます。

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は日本全国で何番目?

日本全国の年少人口に占める割合(0~14歳)ランキングで葛飾区は何位かについて表やグラフを用いて分かりやすく説明していきます。

葛飾区は日本全国の年少人口に占める割合(0~14歳)ランキング(高い順)で812位

まずは、葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)を日本全国(市区町村別)で見たときに何番目に高いのかを日本全国の年少人口に占める割合(0~14歳)ランキング表を用いて、みていきます。

日本全国(市区町村別)の年少人口に占める割合(0~14歳)ランキング表:葛飾区は812位
順位市区町村名年少人口に占める割合(0~14歳)
(%)
810見附市見附市グラフ11.49
811入間市入間市グラフ11.48
812羽曳野市羽曳野市グラフ11.47
812伊豆の国市伊豆の国市グラフ11.47
812葛飾区葛飾区グラフ11.47
815東諸県郡国富町東諸県郡国富町グラフ11.46
815岡谷市岡谷市グラフ11.46
815隠岐郡隠岐の島町隠岐郡隠岐の島町グラフ11.46
815データ曽於郡大崎町グラフ11.46
819静岡市静岡市グラフ11.45

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

日本全国(市区町村別)の年少人口に占める割合(0~14歳)ランキングをもっと見る

こちらの日本全国の年少人口に占める割合(0~14歳)が高いランキング表では、統計が取れる1738つの市区町村の中で、葛飾区は812位と、日本全国(市区町村)の中でも年少人口に占める割合(0~14歳)が比較的高い市区町村ということが分かります。

以下は年少人口に占める割合(0~14歳)の日本全国ランキングの、1年毎に、どこがTOP10に入ってきているかの変化が見られるグラフ(バーチャートレース)です。

年少人口に占める割合(0~14歳)の日本全国ランキングTOP10

さらに詳しい日本全国(市区町村別)の年少人口に占める割合(0~14歳)が高いランキングは、こちらで全て掲載していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ 日本全国(市区町村別)の年少人口に占める割合(0~14歳)が高いランキングと過去から現在までの推移グラフ日本全国(市区町村別)の年少人口に占める割合(0~14歳)が高いランキングと過去から現在までの推移グラフ

日本全国の平均値・中央値と葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)を比べる

また、この日本全国(市区町村別)年少人口に占める割合(0~14歳)ランキングの平均値、中央値と葛飾区の比較グラフは以下となっています。

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)を日本全国(市区町村)の中央値(11)と平均値(11)と比較した一覧表
市区町村名年少人口に占める割合(0~14歳)
葛飾区11.47%
平均値11%
中央値11%

※Source:総務省による統計ダッシュボード 詳細

こちらの表より、葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は平均と近い位置にあるという結果が見えてきます。

また、中央値の11と比較してみると、葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)「11.47%」は中央値より年少人口に占める割合(0~14歳)が少し高い(1.02倍)ということが分かります。

当ページのライセンス情報・データセット
項目内容
名称葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)データ
単位(%)
期間2005~2020年
更新日時2022-01-01T05:02:16+0900
ライセンスCC BY 4.0
ソース元総務省による統計ダッシュボード - 統計ダッシュボード(https://dashboard.e-stat.go.jp/)とは、総務省による国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフで提供しているサービスです。また、このサービスは、統計ダッシュボードのAPI機能を使用していますが、サービスの内容は国によって保証されたものではありません。

データ・画像の利用・引用・ライセンス(著作権)について

地図で見る年少人口に占める割合(0~14歳)の推移(市区町村別)も要チェック!

新しく、マップ上で統計を可視化した地図で見る統計シリーズを公開しました。

年少人口に占める割合(0~14歳)にも対応しており、日本国内の2450件以上の統計データを地図上で見られるようにしています。

特に、過去から現在までの年少人口に占める割合(0~14歳)の推移を可視化した部分は必見です。

地図で見る年少人口に占める割合(0~14歳)の推移(市区町村別の日本全国階級区分図)
地図で見る年少人口に占める割合(0~14歳)の推移(市区町村別の日本全国階級区分図)

また、葛飾区(東京都)の統計情報は、こちらのページで全一覧と全国ランキング順位(市区町村別)が見られます。

葛飾区の統計データ一覧・日本全国ランキング順位も掲載!

あなたの統計考察コメント

統計「グラフで見る葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は高い?低い?(推移グラフと比較)」について、あなたの考察やコメントを残そう!

この統計には、まだコメントがついていません。是非、あなたの考察・コメントを掲載してみて下さい。
[Ads]
各統計の世界ランキングの記事

また、当サイトでは、

から選択できる比較グラフ作成ツールを開発しています。

是非、研究や考察の参考にご活用下さいませ。
 → グラフ作成ツールを使ってみる

↓TWAを活用しPWAのアプリ版をリリースしました。

Google Play で手に入れようGoogle Play で手に入れよう QRコード

QRコードはGoogle Playストアへのリンクです。

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)に関するよくある質問

葛飾区(東京都)の年少人口に占める割合(0~14歳)の最新のデータはいくつですか?2023年に分かる最新の葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は、11.47%です。このデータは、2020年の総務省による統計ダッシュボード調査によるもので、単位は%です。詳細を確認する。
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は前回より何%減少しましたか?前回(2015年)より、2.8%減少しています。また、前回の年少人口に占める割合(0~14歳)は11.80%です。2005~2020年までの推移グラフを表示。
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)が最も高かった年はいつですか?2005年が最も高かった年です。(12.60%)
※データが確認できる2005~2020年の期間において
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)が最も低かった年はいつですか?2020年が最も低い年です。(11.47%)
※データが確認できる2005~2020年の期間において
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は日本全国(市区町村別)ランキングでは何位ですか?日本全国(市区町村別)で812位です。年少人口に占める割合(0~14歳)の日本全国(市区町村別)ランキング表を確認する。
葛飾区と年少人口に占める割合(0~14歳)が似ている市区町村はどこですか?伊豆の国市の11%、東諸県郡国富町の11%がとても近い市区町村として挙げられます。
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)を日本全国(市区町村)の平均値と比較すると何倍ですか?日本全国平均より1.02倍高いです。詳細を確認する。
葛飾区の年少人口に占める割合(0~14歳)は日本全国(市区町村)の中央値より高いですか?日本全国(市区町村)の中央値より1.02倍高いです。